鳥を見て魚を釣れ A bird is seen and fish can be fished.
ODL・ト−ク Outdoor Life Talk
今回のテ−マ
鳥を見て魚を釣れ
A bird is seen and fish can be fished.
[整理番号:0006]
鳥は生息地域により、「水辺の鳥」「海辺の鳥」「里の鳥」「高山の鳥」といった

表現がなされるが、釣り場で見かけるのは、いわゆる「水辺の鳥」が多い。

 
たまにきれいな鳥だな、この鳥の名前は何と言うのだろうか、と思われた釣り人も

少なくないでしょう。

一方、冬鳥・夏鳥などとも呼ばれるように、鳥はそこに生息する期間が限定されます。

なかには、一年中とある場所に生息し、留鳥と呼ばれる鳥もいます。

食べている餌の種類と、餌の摂り方も個々の鳥により違っています。

釣り人は鳥を観察し、その種類を特定できたなら、鳥が何を食べているかを推定

できるのです。

鳥の(特に水辺の鳥)餌には、水草・貝類・小魚・エビ・ザリガニ・カエル・死魚

動物の死骸等があります。

ルア−フィッシングの対象となる魚は、小魚・エビ・ザリガニ・カエ等を食べています

から、それらを食べる鳥がいれば、ルア−フィッシングの対象となる魚もまた生息

している可能性が高いことになります。食物連鎖の応用です。

指標となる鳥を、季節別にリストアップしておきます。

[鳥の名前]                [餌と取り方]
 [夏鳥]岸に立ち、近付いた小魚を捕る
 [夏鳥]ホバリング(停空飛翔)から、急降下して水中の小魚を捕る
 [留鳥]もぐって小魚を捕る(潜水採餌)
 [留鳥]もぐって小魚を捕る(潜水採餌)
 [留鳥]岸に立ち、近付いた小魚を捕る
 [留鳥]浅場を歩きながら小魚を捕る
 [留鳥]浅場で片足を前に出して震わせ、小魚やザリガニを捕る
 [留鳥]浅場で片足を前に出して震わせ、小魚やザリガニを捕る
 [留鳥]浅場で片足を前に出して震わせ、小魚やザリガニを捕る
 [留鳥]横枝から、急降下して水中の小魚を捕る
 [留鳥]横枝から、急降下して水中の小魚を捕る
 [留鳥]旋回し狙いをつけて水面の死魚・動物の死骸等をつかむ
 [留鳥]鋭い両脚の爪で、表層の大魚の背をつかむ
 [留鳥]逆立ちして、水草等を食べる(水面採餌)
 [冬鳥]逆立ちして、水草等を食べる(水面採餌)
 [冬鳥]逆立ちして、水草等を食べる(水面採餌)
 [冬鳥]逆立ちして、水草等を食べる(水面採餌)
 [冬鳥]泳ぎながら、水草等を食べる(水面採餌)
 [冬鳥]もぐって水草・貝類・小魚を捕る(潜水採餌)滑走して飛ぶ
 [冬鳥]もぐって水草・貝類・小魚を捕る(潜水採餌)滑走して飛ぶ
 [冬鳥]良くもぐって、中型魚を捕る
 


リンクは、インタ−ネットの専売特許ではありません。鳥やブラックバスも、自然の

摂理でリンクしているのです。リンク集を増やすべき先は自身のハ−ドディスク

(頭脳とも呼ぶ)でしょう。何しろ容量は無限です。
鳥を見分けられると、釣りも一層楽しめます。ではまた…。
リリ−スすれば・・・
Updated.1997年05月01日発表
http://www.mmjp.or.jp/lake-champ  鳥の眼と、釣り人の眼 Copyright by yoshisan